積極投資へ悪影響 内部留保課税に反論 経団連榊原会長

2017.10.25 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 内部留保への課税は、経済再生のために不可欠な積極投資にマイナス――経団連の榊原定征会長は記者会見で、希望の党が公約に企業の内部留保への課税を掲げたことについて反発した。

 財務省の統計によると、2016年度における企業の内部留保は過去最高の406兆2348億円に上り、前年度から約28兆円増えている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成29年10月23日第3133号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ