社外取締役義務化に反論 一律規制合理性なし 法務省の会社法試案へ意見 経団連

2012.02.20 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 経団連は、法務省が現在検討している会社法の見直し案に対して意見書をまとめ、社外取締役の選任義務付けに反対を表明した。法務省は、有価証券報告書を提出しなければならない大手企業に、1人以上の社外取締役選任を義務付けるなどの中間試案を作成したが、経団連は形式的なルールを一律に導入する合理性がないと主張した。社外取締役の選任要件の厳格化にも異論を述べた。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年2月20日第2861号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ