延長保育 雇用主へ書類記入を求める 杉並区

2017.10.17 【労働新聞】

画像はイメージです

 東京都杉並区は10月から、区立の認可保育所に子供を預け常態的に延長保育を希望する場合、親が勤務する会社の雇用主にその必要性を具体的に証明する書類を提出させる制度を開始した。「乳幼児を育てる保護者が夜遅くまで働くことは、子供にとっても望ましいことではない」とし、親社員のワーク・ライフ・バランスの実現に向けた働き方改革を促す。

 以前から延長保育を要求する際には、親に対して就労状況を証明する書類の提出を求めていた。

 雇用主が記載する書類のひな形は同区ホームページからダウンロードできる。

掲載 : 労働新聞 平成29年10月16日第3132号3面

あわせて読みたい

ページトップ