労務管理状況 冊子で総点検 秋田労働局

2013.07.22 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 秋田労働局(小林泰樹局長)は、簡易的に労務管理実態を把握できる「コンプライアンス・チェックテキスト」を作成した。「採用・募集」「就労時」「解雇・退職等の離職」のテーマ別に労働関係法令の順守状況を自ら点検するもので、疑問点などがあれば同労働局のホームページ上で確認することもできる。

 チェック項目は全部で78項目。例えば「募集・採用」では「独自に作成した応募用紙であっても、本籍や家族の状況(家族構成・勤務先など)、現住所の略図等本人適性・能力に関係のないことを記入させたり、戸籍謄(抄)本を提出させてはならないことを知っていますか」と尋ねている。

 全項目にわたり根拠となる関係法令、相談窓口、参考資料(パンフなどのダウンロード方法)を記載しており、順守状況を明らかにするとともに具体的な改善方法が検討できる仕組み。

関連キーワード:
平成25年7月22日第2930号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ