均等・両立支援 先進7社を表彰 東京労働局

2013.11.18 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 東京労働局(伊岐典子局長)は、東京経営者協会、東京都中小企業団体中央会、東京商工会議所との共催で、平成25年度均等・両立推進企業セミナーを開いた。均等・両立推進企業表彰東京労働局長賞の表彰式(写真)を行ったほか、受賞企業の女性管理職によるパネルディスカッションを実施した。

 表彰式では、麒麟麦酒㈱など均等推進企業部門優良賞2社、MSD㈱などファミリー・フレンドリー企業部門優良賞4社、同部門奨励賞の㈱JSOLの計7社に対して、伊岐局長が表彰状を授与した。

 均等推進部門優良賞の大成建設㈱では、作業所や営業の職域への女性の配置目標を立てて育成プランを明確化するとともに、女性営業社員配属前研修や直属上司に対するマネジメント研修など、研修内容を拡充。現場監督系の作業所従事者が22年の57人から、24年には85人に増加した。

平成25年11月18日第2945号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ