検討の開始を前倒し 「多様な正社員」導入など 政府・日本再興戦略実行状況

2013.09.16 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 内閣官房が明らかにした「日本再興戦略」の実行状況によると、労働時間法制の見直しや「多様な正社員」の在り方などについて、予定を前倒しして9月から本格的な検討に入るとした。

 企画業務型裁量労働制など労働時間法制の見直しは、今年6月までに実態把握のための調査を終えており、集計・分析を終えた今月から労働政策審議会の検討課題に上げるとした。1年後を目標に検討結果をまとめ、法改正が必要な場合は、以降の通常国会に労働基準法改正案を提出する。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年9月16日第2937号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ