雇用責任の透明化を “多様な正社員”普及で 経団連

2013.06.10 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 経団連が作成した「日本経済再生に向けた基盤整備」によると、勤務地や職種が限定された無期契約労働者に対する使用者の雇用保障責任ルールの透明化を図るべきであると提言している。

 わが国企業は、バブル崩壊以降、社会の安定や従業員の生活を守るため、雇用維持を最優先にしてきたが、これによってデフレが長期化し、構造改革が遅れたとの指摘がある。今後は、成熟産業から成長産業へ労働移動を図り、労働市場全体の効率的な資源配分を進める必要があるとした。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成25年6月10日第2924号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ