課題対応型に転換 海外人材育成など キャリア助成金を改編 厚労省25年度 

2013.05.06 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

技能承継や若手の訓練も

 厚生労働省は平成25年度予算成立を待って、キャリア形成助成金を大幅改定する。正規雇用労働者の一般職業訓練に対する中小企業助成を6種類の「政策課題対応型」に改編して、訓練目標を明確化する考えである。技能承継などを狙いとする「熟練技能育成・承継コース」、海外関連業務向け人材を養成する「グローバル人材育成コース」、重点産業分野で活躍できる人材を育成する「成長分野等人材育成コース」などに細分化し、経費の2分の1、時間当たり賃金800円を助成するとした。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年5月6日第2919号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ