労働市場の変化見据えた対応を 派遣問題勉強会

2013.10.07 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 NPO法人人材派遣・請負会社のためのサポートセンター(高見修理事長)は、労働市場の変化と労働法制の動きをテーマに、「派遣・請負問題勉強会」を東京都内のホテルで開いた=写真。東京大学社会科学研究所の水町勇一郎教授が、雇用規制改革を巡る議論の動向を解説したほか、リクルートワークス研究所の豊田義博主幹研究員が、2020年の労働市場の展望について講演した。

 豊田主幹研究員は、「日本の労働市場はこれまでも大きく変容してきており、2020年を見越すと、さらに様ざまな変化が起こっていくだろう。人材ビジネスは、その変化を見据えながら対応していくのが重要」と指摘。予測される変化として、外国人労働者の激増やパートタイムワークの主流化、経営人材層の流動化などを挙げた。

関連キーワード:
平成25年10月7日第2939号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ