賃金カーブ修正を 選択する未来委が提言

2014.12.01 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 経済財政諮問会議の「選択する未来」委員会(会長・三村明夫日商会頭)は、今年1月から始めた議論を集約した報告書をまとめた。

 「すべての人が活躍できる社会」の仕組みづくりを進めるため、日本の雇用慣行の中で曖昧となっていることが多い「職務」を明確化し、企業内外からその職務遂行に適した人材を登用する「ポスト型の人事管理」と「同一労働・同一賃金」を併せて導入すべきなどとしている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年12月1日第2995号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ