2%引上げを目標に 春季交渉の素案示す UAゼンセン

2020.12.07 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 製造・流通・サービスなど様ざまな産業の労働組合員179万人が加盟するUAゼンセン(松浦昭彦会長)は、2021年の春季労使交渉方針の素案を明らかにした。賃金体系維持分に加えて何らかの賃金改善に取り組み、2%を目標に賃金改善を積み上げていくとしている。

 具体的な要求基準としては、ミニマム水準と定める24万円(高卒35歳・勤続17年、大卒30歳・勤続8年)に達していない組合の場合、…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和2年12月14日第3284号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ