UAゼンセン、145万人超え 1年間で4万人増

2013.10.07 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

150万めざし組織強化へ

 昨年11月6日の統合により唯一の流通小売系産別となったUAゼンセン(逢見直人会長)の組織人員が145万人を超えた。141万人での船出から1年足らずの間におよそ4万人も増え、急ピッチな勢力拡大を印象付けている。9月18・19の両日を通じて仙台市で開催した第2回定期大会で正式に報告されたもので、当面の目標である「150万人組織」が、早ければ向こう1年の間に達成しそうな勢いだ。ただ、先の参院選で組織内議員を落選させるなど、拡大だけではない「組織強化」の課題も抱えている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年10月7日第2939号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ