時間確保などに苦労 治療での苦痛よりも 民間調査

2017.10.13 【労働新聞】

 入院・通院治療で苦労したことは、肉体的苦痛よりも時間の確保――30~50歳代の労働者1000人を対象にしたアンケートからこんな実態が判明した。調査は、アクサ生命保険㈱が今年7~8月にかけてインターネット上で行っている。

 調査対象の1000人のうち、入院・通院治療経験のある労働者225人に対して苦労したことを尋ねると、「時間の確保(休みを取りづらいなど)」が37.8%で、「病気・ケガや治療による肉体的な苦痛」の20.9%や、「治療による精神的な苦痛・疲弊」の17.8%を大きく上回った。引継ぎの大変さなどを指す「業務の調整」も24.4%とめだつ。

 通院治療と仕事の両立を経験した132人に、長期治療をしながら働くために必要だと思う制度も尋ねている。多いものから順に、時間単位で取得可能な年次有給休暇(49.2%)、短時間勤務制度(37.1%)、労働日数の短縮(28.0%)などとなった。

掲載 : 労働新聞 平成29年10月9日第3131号3面

あわせて読みたい

ページトップ