時間確保などに苦労 治療での苦痛よりも 民間調査

2017.10.13 【労働新聞】

 入院・通院治療で苦労したことは、肉体的苦痛よりも時間の確保――30~50歳代の労働者1000人を対象にしたアンケートからこんな実態が判明した。調査は、アクサ生命保険㈱が今年7~8月にかけてインターネット上で行っている。

 調査対象の1000人のうち、入院・通院治療経験のある労働者225人に対して苦労したことを尋ねると、「時間の確保(休みを取りづらいなど)」が37.8%で、「病気・ケガや治療による肉体的な苦痛」の20.9%や、「治療による精神的な苦痛・疲弊」の17.8%を大きく上回った。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成29年10月9日第3131号3面

あわせて読みたい

ページトップ