中小3割が賃上げ リーマン後の最高値 民間調査

2017.04.28 【労働新聞】

 中小企業で定昇含む賃上げを実施した割合は3割――大阪シティ信用金庫が行った調査で判明している。

 調査は今年3月上旬に聞取り形式で実施したもの。1128社を対象に行い、1086社から有効な回答を得ている。回答の9割以上を社員数50人未満の企業が占めているのが特徴。

 それによると、今年の定昇を含む賃上げの実施状況は、実施(28.0%)、据え置き(70.2%)、賃下げ実施(1.8%)となった。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成29年4月24日第3110号3面

あわせて読みたい

ページトップ