ヤマト本社を送検 残業代不払い15万円で 福岡労働局

2017.10.12 【労働新聞】

 福岡労働局(野澤英児局長)は9月20日、残業代の一部を支払わず、違法な時間外労働を行わせたとして、東京都中央区のヤマト運輸㈱ほか2人を書類送検した。

 同社の博多北支店は昨年6月16日から1カ月間、労働者2人に残業代の一部を支払わなかった。労働時間の一部をカウントしなかったことが原因で、不払い額は2人合わせて15万円だった。

 同社を傘下に置くヤマトHDは、グループの社員約8万2000人を対象に労働時間の調査を実施。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成29年10月9日第3131号5面

あわせて読みたい

ページトップ