【特集1】フォークリフトの接触事故を防ごう 物流現場のアイデアがヒントに

2016.02.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

運転スキルと知識レベルを審査する

 何トンもの重い荷物を乗せ、製造業の構内などで運搬作業に活躍するフォークリフト。一方で、作業者との混在作業による接触事故も後を絶たない。特集1では、フォークリフトの接触事故防止の取組みとして、千代田運輸、横浜低温流通の物流2社の事例を紹介。速度の「見える化」、「導線」の整理などのアイデアに注目だ。また、陸災防の中尾陽安全管理士からは、フォークリフトの災害分析とパトロールの着眼点を解説してもらった。陸災防では新たにフォークリフト荷役の技能認定を始めるなど、フォークリフト荷役の安全管理に新たな動きも見られる。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年2月1日第2251号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ