助成率引下げ4月から実施 雇用調整助成金

2013.03.04 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 厚生労働省は、今年4月から雇用調整助成金の助成率引き下げなどを実施する。平成20年秋のリーマン・ショック以降、助成内容を大幅に拡充してきたが、その後の雇用情勢改善や提言型政策仕分けの結果に基づき見直しを進めている。

 休業、教育訓練、出向に係る手当もしくは賃金に対する助成率は、現行が大企業3分の2、中小企業5分の4となっているのを、4月からは同2分の1、同3分の2に引き下げる。

 労働者を解雇しなかった場合および障害者を休業させなかった場合の助成率の上乗せ(大企業4分の3、中小企業10分の9)は廃止する。

 教育訓練費(事業場外訓練)も、現行の大企業4000円、中小企業6000円をそれぞれ半額とする。

ジャンル:
平成25年3月4日第2911号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ