絶対考課の導入を 人事セミナー開く 神奈川経協

2014.09.08 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 相対考課でなく絶対考課を――神奈川県経営者協会(小俣一夫会長)は、同県内の人事労務担当者に人事考課のセミナーを開いた=写真

 講師を務めた一般社団法人経団連事業サービスの吉田純一人事賃金センターシニアフェローは、人事考課の課題は人と人を比較する相対考課の見直しにあると指摘した。人事考課制度を新しくする際には、あらかじめ考課基準を設け、同基準と実際にした仕事の内容を比較する絶対考課にすべきとしている。

 明確な考課基準を示すことで本人へ適切にフィードバックができるようになり納得も得やすいとした。

平成26年9月8日第2984号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。