解雇補償制度の導入求める 同友会がアピール

2015.08.17 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 経済同友会は、不当解雇を防ぎ相応の金銭給付を選択できる補償制度の導入を求めた「持続可能な社会の構築に向けて」と題するアピールを発表した。

 同アピールでは、「これまでの延長線上には未来はない」と危機感を表明。2020年までに財政健全化や高齢化などの課題克服に目途をつける必要があると訴えた。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年8月17日第3029号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ