解雇解決金の検討を 同友会が提言まとめる

2014.05.12 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

成長戦略第2弾に向けて

 経済同友会は、「第2弾成長戦略」に向けた提言をまとめ、解雇に対する補償制度としての事後型金銭解決(救済)制度の検討を進めるよう指摘している。

 提言によると、現在、解雇無効と判断された場合、原職復帰が原則であるが、裁判で争った労使が以後も良好な関係を保ち続けるのは現実として困難とした。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成26年5月12日第2968号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ