解雇解決金 労働局27万円、裁判450万円 厚労省・水準調査まとめる

2015.07.13 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

金銭解決制の整備へ 今後1年程度検討を予定

 厚生労働省は、解雇紛争における解決金水準を明らかにした。都道府県労働局のあっせん、労働審判の調停・審判および裁判上の和解の合計約1500件を対象に調査した。平均額は、労働局で27万9681円、労働審判で229万7119円、裁判で450万7660円となり、制度間で大きな金額差があった。いずれの機関においても金銭による紛争解決が9割以上を占めている。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成27年7月13日第3024号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ