有料職業紹介を労供で摘発 事前に保証金要求 大阪労働局

2015.05.18 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

就職後も支配関係続ける

 大阪労働局(中沖剛局長)は、ベトナム人労働者27人を有料職業紹介と称して労働者供給していた㈱大阪グローバル(大阪府和泉市)に対し、2カ月間の事業停止と業務改善を命令した。「5年間の雇用期間満了を条件に返金する」という条件のもと、ベトナム人労働者から保証金や大学の卒業証明書を預かったことで、職業紹介後も支配従属関係を形成し続けていたと判断している。「保証金などを返還してもらえない」と相談を受けたことから発覚した。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年5月18日第3017号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ