社会保険加入させず 派遣元に事業停止命令 大阪労働局

2017.04.21 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 大阪労働局(苧谷秀信局長)は、派遣労働者を社会保険に加入させなかったとして、派遣元事業主の星光産業㈱(大阪府摂津市)に対し、1カ月の事業停止を命令した。停止期間は今年4月3日~5月2日。

 同社は、労働者派遣事業の許可を得るための条件である「労働保険・社会保険の適用基準を満たす派遣労働者の適正な加入」に違反。1週間の所定労働時間と1カ月の所定労働日数が通常社員の4分の3以上であるにもかかわらず、派遣労働者6人を健康保険と厚生年金保険に加入させていなかった。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年4月17日第3109号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ