特定派遣元 留学生を”一般派遣” 1カ月の事業停止に 大阪労働局

2015.09.14 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

派遣元台帳紛失なども

 大阪労働局(中沖剛局長)は、外国人留学生を食品製造業A社へ送り込む一般労働者派遣事業を無許可で行っていたとして、特定労働者派遣元のフジショー商事㈱(大阪府大阪市西淀川区)に対し、1カ月の事業停止と事業改善を命令した。香川労働局がA社工場へ定期監督に入った際に違法派遣が発覚し、2労働局が協力して捜査を進めた。派遣元責任者を適切に選任していなかったり、派遣元台帳を保存期間にあるにもかかわらず紛失していたことも、明らかになっている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年9月14日第3032号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ