大阪労働局・平成26年監督結果 4分の3で法違反発覚 接客娯楽業は8割超

2015.05.11 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

最賃確保に向け臨検予定

 大阪労働局(中沖剛局長)は、平成26年に実施した定期監督結果を公表した。立ち入った5999事業場のうち、4552事業場で法違反が発覚しており、違反率は過去最悪の75.9%に達した。業種別では接客娯楽業や清掃業、運輸交通業などで違反率が8割を超えている。違反項目では、労働時間に関するものがめだつ。同労働局では今年度、長時間労働による健康障害の防止や賃金不払い残業の解消に向けて、積極的に監督を実施する。最低賃金法違反の疑いが強い業種や地域に対する立入り調査にも力を入れる。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年5月11日第3016号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ