生産効率向上へ助言 最賃相談に専門家派遣 大坂労働局

2012.01.30 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 大阪労働局(西岸正人局長)は、「最低賃金総合相談センター」などの利用状況をまとめた。平成23年11月末現在の相談件数は154件、専門家の派遣は75件に上った。生産効率の向上を求めている企業に対し、専門家が損益表に基づく原価目標設定の考え方や意識喚起の具体的な方法などを助言している。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年1月30日第2858号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ