正社員不足が3割 運送業は2社に1社 兵庫労働局

2014.03.17 【労働新聞】

 正社員が不足とした企業が依然として3割近くに上ることが兵庫労働局(前田芳延局長)の公共職業安定所による企業ヒアリング結果で分かった。なかでも運送業が5割を超えているのが特徴で、ここ数カ月の業況改善が影響した模様だ。

 調査は今年1月に実施。労働者299人以下の中小企業140社の回答を集計した。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成26年3月17日第2961号3面

あわせて読みたい

ページトップ