作業方法に問題あり 脚立災害多発で調査 東京労働局

2014.03.10 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 東京労働局(伊岐典子局長)は、小売業やビルメンテナンス業を中心に脚立使用中の労働災害が相次いでいることから、災害発生事業場を対象とした実態調査を実施した。不適切な作業方法が災害につながっている事業場が多いため、今後、従業員教育の徹底を企業に呼びかけていく方針だ。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年3月10日第2960号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ