共謀して労災隠ぺい 下請社長ら書類送検 東京労働局

2013.02.25 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 東京労働局(伊岐典子局長)は、型枠解体作業中に発生した労働災害を隠ぺいしたとして、2次下請の㈲拡和建業(東京都板橋区)と同社代表取締役および1次下請である㈱中道工務店の代表取締役と取締役の計1法人3人を労働安全衛生法第100条(報告等)違反などの疑いで東京地検に書類送検した。

 調べによると、昨年1月、東京都文京区の建設工事現場で2次下請の労働者が型枠解体作業を行っていたところ、使用していたバールが顔にぶつかって休業5日間のけがを負った。2次下請の代表取締役が1次下請である中道工務店の代表取締役らに対応を相談したところ、1次下請側は被災労働者を同社の労働者と偽るとともに、災害が同社の資材置き場で発生したように見せかけることを提案。3人は共謀して、災害の報告義務がある2次下請が労働者死傷病報告書を所轄労働基準監督署に提出せず、1次下請が虚偽の内容を労基署に届け出た。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年2月25日第2910号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ