過労死請求企業 違法長時間労働が7割 東京労働局

2015.09.21 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

36協定の軽視浮彫り 127事業場に是正勧告

 東京労働局(西岸正人局長)は、過労死などの労災請求があった事業場に対する臨検監督結果を取りまとめた。約7割の事業場で違法な時間外・休日労働を行わせている実態が明らかになっている。何らかの労働関係法令違反が発覚したとして是正勧告を行ったのは、全体の約9割に当たる127事業場に上る。このうち、時間外・休日労働協定(36協定)の上限を超えて業務に従事させている事業場が66事業場に達しており、同労働局は「36協定を軽視している状況がうかがえる」と指摘している。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成27年9月21日第3033号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ