「ベア」要求含め検討開始へ 実現なら3年連続 金属労協

2015.09.21 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

「企業内最賃」引上げも

 自動車や電機、鉄鋼・造船重機・非鉄金属など大手金属メーカーの産業別労働組合の協議体組織である金属労協(JCM・相原康伸議長)は、来春の16春闘で3年連続ベア要求することも含めた検討着手を決めた。9月1日に都内で開いた第54回定期大会で決定したもので、企業内最低賃金協定(現行15万6000円)についても、集計登録組合のほぼすべてが基準額を上回り、「環境は整った」とみて水準の引上げに向け検討する。底上げ機運を社会に波及させ、経済成長を確実にしたい考えだ。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年9月21日第3033号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ