35組合で平均6826円 月例賃金増額を要求 金属労協

2015.03.09 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

”一枚岩”の取組み強調

 春闘の先導役を務める自動車や電機など金属系大手組合を中心につくる金属労協(JCM・相原康伸議長)の要求がほぼ出揃った2月25日、登録53組合中の35組合がベアを含め平均6826円の月例賃金増額要求を提出したことが明らかにされた。実額で「6000円以上」としたJCM方針を上回り、”一枚岩”の取組みを強調する。「1%以上」の方針を掲げた前年の要求額平均(3918円)よりおよそ7割増しの状況にある。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年3月9日第3008号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ