未婚男女の2割 結婚したくない 連合調査

2013.08.05 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 連合の調査によると、未婚の男女で「結婚したい」としたのは80.8%で、「したくない」が約2割(19.2%)いることが分かった。したくない理由の約半数は「結婚が幸せだと思わない」というもの。

 20~49歳の男女計3000人を対象に携帯電話を使ったインターネットリサーチ手法で「子ども・子育て」についての意識を探った。

 それによると、結婚意欲はあるが「できない」とした人の理由で際立って多いのが「出会いのなさ」の73.4%。若い人ほど「異性とうまく付き合えない」傾向が強く、20歳代の6割(59.9%)が同様に答えた。

 理想の子どもの人数は「2人」が最多(43.9%)で、「2人目が欲しい」が73.9%に達した一方、「欲しくない」も26.6%と少なくなく、今現在子どもがいない人の「4人に1人」が子どもを欲しがっていない。

関連キーワード:
平成25年8月5日第2931号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ