労働時間削減より収入増を希望 連合調査

2013.01.21 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

約6割が二者択一で 「朝残業」行う45%強に

 携帯電話を通じたインターネットリサーチ手法で連合が正社員組合員を対象に「労働時間」についての意識を探ったところ、収入が増えれば労働時間が増えてもいいと考えている割合がおよそ6割に上り、労働時間が減ることより収入が増えることを望んでいる傾向が分かった。始業時間のだいたい20分前には会社に着いている姿が平均的で、始業時間前に業務を行う「朝残業」は、45%強と半数近くが行っている実態にある。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年1月21日第2905号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ