連合 公表組合員数は675万人

2013.05.20 【労働新聞】

前年比6900人減 UAゼンセンが100万人超

 連合は、2013年(1~12月)の登録人員を674万5030人で確定し、公表数を675万人とすることを4月の中央執行委員会で決定した。前年比増員の構成組織(産別、以下同じ)は21、減員は27で、これに地方連合会の増減を加えた総組合員数は、前年比6910人の減少となっている。構成組織人員661万5558人のうちパート等非正規組合員数は77万4946人で、その6割強は週の労働時間が「20時間以上」という状況にある。100万人の大台を超えた構成組織は、UAゼンセンのみ。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成25年5月20日第2921号6面

あわせて読みたい

ページトップ