病院「給食」部門 「配置基準」国に設定要請へ 日本医労連

2013.03.11 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

委託改め直営指導も 人手不足は解消せずと

 病院の「給食」部門を外部の企業に委託する動きが広がるなか、日本医労連(山田真巳子中央執行委員長)は6月にも、給食調理員の「配置基準」の設定や「直営化」指導などを国に要請する。“治療食”としての給食の質が落ちたり、時間どおりに配膳されないケースが生じているためで、個別対応食の増加による労働強化の現状などとともに改善を訴える。外部に委託後も、委託する理由で多い「人手不足」が解消されないケースが多く、元の病院直営形態に戻す事態も起きている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年3月11日第2912号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ