白衣再び血で汚さぬ 安保法案に反対呼び掛け 日本医労連・中野委員長

2015.08.10 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

安保法案に反対呼び掛け

 日本医労連の中野千香子中央執行委員長は、7月22~24日まで横浜市で開催した第65回定期大会の冒頭、安倍政権が今国会での成立をめざしている安全保障関連法案をやり玉に挙げつつ、「白衣を再び戦場の血で汚さない」をスローガンに反対運動を展開するよう、集まった代議員らに呼びかけた。

 先の大戦で従軍看護婦として現地に派遣された過去の苦い経験を二度と繰り返さない決意を示したもので、「平和でこそ一人ひとりの命が輝く。そのことを応援するのが私たちの仕事である」と強く訴えた。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成27年8月10日第3028号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ