フォロー社員向け評価未整備が倍増 連合 マタハラ調査

2014.06.23 【労働新聞】

 在職中の20~40歳代の女性634人を対象に連合が行ったマタニティーハラスメント(マタハラ)に関する意識調査の結果、自分あるいは周囲の人がマタハラ被害者との回答が順に26.3%、27.3%で昨年調査と大きく変わらない反面、被害が起こる原因2位にフォローする社員を評価する制度の未整備(39.3%)が加わったことが分かった。

 昨年の初回調査時と同様、1位は男性社員の妊娠・出産への理解不足(66.1%)。フォロー社員への評価未整備は昨年2割に過ぎなかった。

掲載 : 労働新聞 平成26年6月23日第2974号6面

あわせて読みたい

ページトップ