9月の統合 正式に決定 建設連合と基幹労連

2014.02.17 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 建設連合(星野康幸中央執行委員長)は2月7日、東京で第19回中央委員会を開催し、基幹労連と今年9月に統合することを正式に決定した。

 同4~5日に神戸で開く基幹労連の第12回定期大会を統合大会、同3日の建設連合第26回年次大会を解散大会とする。

 加盟組合員が5000人を割るなど、近年指摘されていた財政基盤や運動そのものの弱体化が統合に至る大きな理由。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成26年2月17日第2957号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ