基幹労連と建設連合が統合 「建設部会」設けて

2014.09.15 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

工藤新執行体制を確立 基幹労連第12回定期大会

 鉄鋼・造船重機・非鉄金属企業の労働組合でつくる基幹労連は9月4、5の2日間、神戸市で開催した第12回定期大会で建設連合と統合した。連合傘下では、旧UIゼンセン同盟と旧サービス流通連合の統合(現UAゼンセン)以来の産別統合となる。新たな運動方針(第7期)では連合との連携強化も強調し、第8期を半分=1年にして連合本部とずれる運動サイクルを修正、役員派遣などを行いやすくする方針も決めた。工藤智司書記長を新委員長として選出するなど、新たな執行体制も確立した。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年9月15日第2985号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ