【追跡レポ】日本郵船/社会貢献活動推進策 ボランティア ポイント制度を新設

2014.09.08 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

社員参加のきっかけに 新人研修で震災復興支援

東日本大震災の復興ボランティアに有志が参加

 日本郵船㈱(東京都千代田区、工藤泰三社長、従業員数1590人)では新たに、「ボランティア・ポイント制度」をスタートさせた。同社グループ社員の行った様ざまなボランティア活動・社会貢献活動をポイント化し、年間合計ポイントを金額換算して会社から社会貢献活動団体に寄付するもの。PTAや町内会の役員活動なども対象に。社員個々の地道な取組みを評価するとともに、これまで行動に至らなかった社員に新たな参加のきっかけを提供する。早くから「企業市民」の自覚を持たせるため、今年の新入社員研修では震災復興支援活動を組み込んだ。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成26年9月8日第2984号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。