【追跡レポ】あいおいニッセイ同和損保/女性管理職メンター制度 役員から経営視点学ぶ

2013.05.13 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

人事部が進捗フォロー 中間にメンティ意見交換会

中間意見交換会で課題を共有し解決策を議論

 あいおいニッセイ同和損害保険㈱(東京都渋谷区、鈴木久仁社長、従業員1万2980人)では、役員をメンター(助言者)、女性課長職をメンティ(相談者)とする「女性管理職メンター制度」を導入した。女性経営層の輩出に向け、経営に対する意識の向上と成長機会の提供が目的。人事部ダイバーシティ推進室が説明会や活動の進捗管理などを行い、双方の意見を集約し施策に反映する。遠距離ペアの面談ではTV会議も活用。活動期間の中間に開催する「意見交換会」で、全国から参加したメンティは、悩みや好事例を共有し後半のメンタリングに生かしている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成25年5月13日第2920号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ