【追跡レポ】アイスタイル/社内委員会制度 社員が立ち上げメンバー募る

2014.05.05 【労働新聞 フォーカス・企業事例】
  • list
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

会社への参画意識醸成 グループ横断型で連帯へ

より使いやすい工夫を話し合う(ライブラリー向上委員会)

 美容系総合ポータルサイトを運営する㈱アイスタイル(東京都港区、吉松徹郎社長、従業員328人)では、取り組みたいテーマのある社員が、自身で委員会を立ち上げ、グループ全体から参加メンバーを募集し半年間活動する「社内委員会制度」(コミッティーチャレンジ)の運用を始めた。「ライブラリー向上委員会」「サービス向上委員会」が活動中で、近々、人事部が提案する「リクルーター(採用)委員会」(仮称)が始動する。組織が急拡大するなか、会社への参画意識を高め、部門横断型のチーム編成で、横のつながりも広げる効果を期待している。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年5月5日第2967号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。