【賃金事例】千代田設備/4要素から成長を確認 全等級に同額の改定ルール 職種別シートで早期育成

2015.09.28 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 ㈱千代田設備(新潟県新潟市、佐藤信久社長)では、職種や部門ごとに毎年作成する「成長シート」に基づき、若手の早期育成を進めている。半期ごとに成果、業務遂行度、知識・技能、勤務態度の4要素を評価するもので、5段階の最終結果を昇格の審査に活用し、さらに昇降給にも反映している。今年度からは知識・技能に関する評価内容を具体化して、職種別・等級別に求められるスキルを絞り込み、期待される力量のレベルも明らかにした。給与面では一律3000円ピッチの範囲給を本給とし、全等級で同額の改定ルールを適用している。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年9月28日第3034号8,9面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ