【賃金事例】三洋化成工業/1点単価方式で査定昇給 管理職は他部門から評価も 全コース共通の給与体系

2014.09.08 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 三洋化成工業㈱(京都市東山区、安藤孝夫社長)は、一般社員層に2分野8要素で定義する複線型職能資格制度を採用している。研究職、営業職、生産技能職をまとめて総合職に区分し、一般職を含めた全コースで共通の給与体系を適用。基準内賃金は年齢給、職能給、資格給で構成し、41歳まで年齢昇給を行うとともに、1点単価方式の査定昇給で職能給に加算していく。一方で管理職層は全体最適を志向できる「経営補佐職」と定義し、人事考課において他部門からも評価を受けるなど、独自の制度設計をしている。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成26年9月8日第2984号8,9面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ