【追跡レポ】日本生命/イクメン推進策 パパになったら全員育休取得

2014.01.13 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

育児参加のきっかけに 働き方変革で生産性も向上

継続的な育児参加への第一歩に

 日本生命保険相互会社(本店・大阪市中央区、筒井義信社長、従業員数7万4人)では、”イクメン”輩出に向け2013年度の目標に「男性の育児休業取得100%」を掲げている。有給となる「7日間」の取得を奨励しており、上司と本人が作成した計画の進捗状況を人事部がフォローする。「男性の育児参加促進」「効率的な働き方への変革」――を進めるための手引きとして作成した「イクメンハンドブック」では、仕事の引き継ぎ例なども詳しく解説。管理職向け意識変革セミナー開催や社内HP上で「イクメンの星」の紹介も。取得率はすでに6割を超えた。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年1月13日第2952号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ