最大197時間の残業 是正指導で企業名公表 愛知労働局

2017.09.21 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 愛知労働局(木暮康二局長)は、複数の事業場で1カ月1人当たり80時間を超える違法な時間外労働を行わせていたとして、大宝運輸㈱(愛知県名古屋市、1030人)を是正指導したと公表した。是正指導の公表は、平成28年5月の千葉労働局に続く2例目で、29年に時間外・休日労働の公表基準を100時間から80時間に引き下げてからは初めて。

 同社は、4事業場における労働者計84人に対し、1カ月1人当たり80時間を超える違法な時間外・休日労働をさせていた。うち74人は100時間を超えており、最大197時間に上った。

 違法な時間外労働は、労働基準監督署の定期監督により発覚。平成27年12月以降、各事業所に対し繰り返し是正勧告をしていた。労働時間削減の取組みを進めていたものの、改善がみられないとして公表に踏み切っている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年9月18日第3129号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ