初年度登録は2.6万人 キャリコン国家資格化で 厚労省

2017.09.12 【労働新聞】

 厚生労働省は、平成28年4月から国家資格になったキャリアコンサルタントの初年度登録者数が2万5518人に上ったと発表した。

 キャリアコンサルタントは、登録制の名称独占資格で、労働者などの職業選択、職業生活設計、職業能力の開発・向上に関する相談に応じ、助言や指導を行う専門家。養成研修を受けたのち、キャリアコンサルタント試験に合格した者を登録する。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成29年9月11日第3128号1面

あわせて読みたい

ページトップ