養成講習10時間増へ キャリコン要件見直しで 厚労省

2018.04.09 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 厚生労働省は、キャリアコンサルタントの能力要件見直しに関する報告書を取りまとめた。有識者検討会の議論をまとめたもので、企業におけるキャリア支援などに関する知識・技能を拡充・強化するべき事項に位置付け、養成講習プログラムを現行よりも10時間延長するよう提言している。

 検討会では、コンサルタントに求められる社会的役割が拡大するなか、期待される役割を確実に担えるよう能力要件見直しの方向性を整理した。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年4月9日第3156号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ