【賃金事例】電気化学工業/抜擢促進へ職務給を改定 複線化で専門職と差別化 課長級資格から部長登用も

2013.01.14 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 電気化学工業㈱(東京都中央区、吉髙紳介社長)は、今年度から人事制度を改定し、人材の抜擢を促し、評価結果でより賃金にメリハリを付ける見直しを実施した。係長クラス以上の給与体系を一部変更するとともに、管理職層を複線化して、ライン長とそれ以外の専門職の処遇を差別化している。従来から人基準の資格給と仕事基準の職務給を併用してきたが、今後は課長クラスの資格からでも部長への登用を可能とし、職務給で処遇する。一方で技能職の意欲高揚を図るため、新たに「チャレンジアップ制度」を導入。論文・面接などの試験をパスすれば、標準滞留年数を1~3年短縮できる。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成25年1月14日第2904号8,9面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ